一度はやってみたい?やりがいあるバイク便の仕事

バイク便の歴史は意外と最近!

バイク便の歴史は約30年ほど。当時創業者の人がある人たちにヒントを得たものだそうです。それは、ニューヨークのメッセンジャーという人たちで、自転車で書類等を送り届けるという仕事なんですって。大都会ニューヨークでは自転車が最も早い移動手段のひとつとして重宝されています。日本でいう新聞配達みたいなものなのですかね?ちょっと違うかもしれませんが、こういった外国の文化からヒントを得て、現在まで続く伝統的な荷物の発送手段になったというバイク便なのです。

バイク便ってどんな仕事?

バイク便はできるだけ早くお客さんに荷物を送り届ける仕事です。体力や根気も必要ですが、道に迷わずにきちんと送り届けることが出来るかどうかも重要ですね。原付きのみのサービスを行っている場合は原付免許だけで良い場合もありますが、ほとんどは高速道路でも乗れる普通二輪免許が必要な会社もあるようです。内容としてはオフィス街などで書類等を迅速に送り届ける仕事です。責任感を持ってやり遂げることが好きな人にはピッタリの仕事じゃないかと思います。

バイク便をやっていると辛いことも良いことも

やはり、迅速に物を届けるとなると天候などは関係ありません。夏は暑いし、冬はかじかむ寒さ。雨の日も嵐の日も頑張って大事な荷物を送り届けなければいけないという、やりがいもあるけれど大変な仕事です。その一方、対面で荷物を届ける時に、急いでいたお客さんにありがとう!とお礼を言われることが多いみたいです。そういう時に喜びを感じられるのでやりがいのある仕事と言えますね。バイク便をやってみたい人はある程度いると思いますが、人に感謝されるのが何よりすき!という人は一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

バイク便の求人は、中型二輪免許の保有が採用条件になります。都内での需要が高まっていることから、時給などの条件が良い企業が見つけやすいです。