夏休みの自由研究にぴったり!親子で一緒に作れる電気製品紹介

夏休みの課題としてぴったり

夏休みの自由研究は、子供だけでなく、親にとってもなかなか頭の痛い問題です。適当な自由研究の課題が見つからない子供に泣きつかれて、困ってしまったという経験をしたお父さんお母さんも多いのではないでしょうか?そんなときは、自由研究として電気製品を自作して提出するとよいでしょう。電気製品を自分で作ってみるうちに、科学に興味がわいてきて、数学や理科が得意になってしまうという効果も期待できます。また、親子のコミュニケーションをとるのにもちょうど良い機会ですよね。

自作ラジオなら誰でも簡単に作れる

昔の子供向けの雑誌には、ラジオを自作するキットが付録として付けられていました。そのため、子供の頃、自作ラジオを作って、実際にラジオ番組を聴いていたという人も多いんです。今は、子供向けの雑誌にこのような付録がつくことは珍しくなってしまいましたが、ネットで探せばいくらでもラジオの自作キットが手に入ります。価格も非常に安く、説明書通りに作業を行えば誰でも立派なラジオが完成してしまいます。夏休みの課題にはちょうどよいですよね。

LED照明器具も意外と簡単

お部屋を明るく照らしてくれるシーリングライトや、デスクライトなどの照明器具も自作することが可能です。照明器具の材料となるLED電球やソケット、スイッチなどは、近所のホームページでいつでも手に入ります。ホームページで買ってきた部品と、手作りのランプシェードを組み合わせると、それだけでも立派な照明器具の完成です。ただし、実際にLED照明のスイッチを入れて見る前に、保護者の方が安全を確かめておくことが大切です。

プリント基板とは、電子機器に無くてはならない主要部品のひとつで、電子部品同士の回路を絶縁板に銅箔で固定して配線した部品のことで、プリント基板設計ソフトやネットで簡単注文など利用すると便利です。