システム開発って聞いたことがありますか?

システム開発とは何のこと?

システム開発とは、注文を受けてコンピューターのシステムを開発することです。といっても、ピンとこないですよね?というのも、コンピューターというものの基礎知識がないと、何のことだがさっぱり意味がわからないからです。コンピューターというのは、ハードウェアとソフトウェアで出来ていて、ソフトウェアというもので、ハードウェアという機械を動かす、という仕組みになっているのです。そこで、このソフトウェアを作ることを、システム開発と読んでいるわけなのですね。

何故、コンピューターにはソフトウェアが必要なのか?

ソフトウェアによってハードウェアという機械を動かす、というのがコンピューターの仕組です。このために、ソフトウェアを入れ替えると、コンピューターは違ったことをしてくれる、つまり、ソフトウェア次第でいろいろなことをしてくれるのが、コンピューターという便利な機械なのですね。このために、ソフトウェア作りというものが、コンピューターを使うためには欠かせないものとなっていて、これがシステム開発と呼ばれているもの、というわけなのです。

システム開発はオーダーメードのソフトウェア作り

コンピューターを使うためには、ソフトウェアを作るシステム開発というものが欠かせません。でも、パソコンは買ってくればそのまま使えるのに・・・、という疑問が当然に出てきますね?そのわけは、パソコンには、システム開発によって作られたソフトウェアが、あらかじめ、いくつも組み込まれているために、買ってくればすぐに使うことができてしまうのです。このようなものがレディメードのソフトウェアなのですが、新しくソフトウェアを作るためには、オーダーメードで、システム開発を行う必要があるわけなのです。

notesの受託開発の現状に関しては、経済情報誌などの専門的な媒体でもしばしば取り上げられており、理系のビジネスマンからの注目が集まっています。